この記事にはプロモーションが含まれています。

アーサナ(ポーズ) ヨガのこと

太陽礼拝の12のポーズの意味は?

太陽礼拝の12のポーズの意味は?

太陽礼拝はヨガの中で1番代表的なポーズと言えます。

サンスクリット語名は「スーリヤ ナマスカーラ」

スーリヤは「太陽」ナマスカーナは「礼拝」を意味します。
英語名は「サン サルテーション」と呼ばれています。

 

太陽に感謝をささげる祈りを12のポーズで表しています。

12ポーズある意味は、1年が12ヵ月あることに繋がっています。
太陽が1年をかけて黄道十二宮を通過すことにインスピレーションを受けて構成されています。

連続した動きを繰り返し行うことで、全身の血行を促進し筋肉の強化にも効果が期待ができます。

 

太陽礼拝の構成

太陽礼拝基本の12のポーズです。

  1. 山のポーズ(ターダーサナ)
  2. 手を上げたポーズ(ウールドゥヴァハスターサナ)
  3. 前屈のポーズ(ウッターナーサナ)
  4. 半分起き上がったポーズ(アルダ ウッターナーサナ)
  5. 板のポーズ(クンバカーサナ)
  6. 四肢杖のポーズ(チャトゥランガダンダーサナ)
  7. 上向きの犬のポーズ(ウールドゥヴァムカシュヴァーナーサナ
  8. 下向きの犬のポーズ(アドームカシュヴァーナーサナ)
  9. 半分起き上がったポーズ(アルダ ウッターナーサナ)
  10. 前屈のポーズ(ウッターナーサナ)
  11. 手を上げたポーズ(ウールドゥヴァハスターサナ)
  12. 山のポーズ(ターダーサナ)

山のポーズ(ターダーサナ)

全ての立位の基本となるポーズ。
正しい姿勢で行うことにより姿勢を改善し、疲労回復にも効果が期待でいます。

シンプルに立ち自分の身体を見つめ直すようにすると、心身の安定にもつながります。

手を上げたポーズ(ウールドゥヴァハスターサナ)

肩周りや背骨のストレッチをするポーズ。

高く手を上げて深呼吸することで、前向きな気持ちになります。

前屈のポーズ(ウッターナーサナ)

ハムストリングス・大臀筋ストレッチ・背中のストレッチをするポーズ。
新陳代謝が上がることによりデトックスが促されます。

心臓より頭が下に下がる逆転のポーズになり、首・肩周りのリンパの流れも良くなるので肩こり改善にも効果があるポーズです。

半分起き上がったポーズ(アルダ ウッターナーサナ)

背中をしっかり伸ばすポーズです。

背筋・下腹部の強化と下半身の柔軟性を高めます。

板のポーズ(クンバカーサナ)

両手、両足の4点で支え身体を一直線に保つポーズ。

体幹を鍛え、二の腕、お腹の筋肉を養い、基礎代謝を促していきます。

四肢杖のポーズ(チャトゥランガダンダーサナ)

腕の筋力と体幹がかなり鍛えられるポーズ。
筋肉がないと始めは難しいですが、膝をついて軽減をすると初心者でも行えます。

上向きの犬のポーズ(ウールドゥヴァムカシュヴァーナーサナ)

大きく身体をそらすので背筋全体と体幹の強化ができるポーズ。
腰痛があったり、初歩の場合はなかなか難しいポーズです。
尾てい骨まではマットにつけ、上半身だけを起こすコブラのポーズから練習していくとよいです。

下向きの犬のポーズ(アドームカシュヴァーナーサナ)

尾てい骨から背中に向けて一直線に伸ばし背面をストレッチするポーズ。
膝裏の伸びも感じられるのでリンパの流れが良くなり、脚の浮腫み解消にも効果があります。

手を上げたポーズ(ウールドゥヴァハスターサナ)

全身を伸ばし、血の巡りをよくするポーズ。
しっかし中心をとらえ直立することにより体幹も鍛えられます。

 

太陽礼拝を108回行う意味は?

インドでは108個の「煩悩」があると言われています。

煩悩とは、仏教では「人の苦の原因」と言われています。

その108個ある苦の原因を、108回太陽に祈りを捧げながら1つずつ払っていき心身の浄化をしていきます。

絶対に108回しないといけないわけではなく、気付いた時に感謝をするという気持ちが大事です。
初めは太陽礼拝を行える筋肉が十分にないので、自分の身体と相談をしながらどんどん回数を増やすようにレッスンしていくと良いでしょう。

 

ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです♪
人気ブログランキング
人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 

-アーサナ(ポーズ), ヨガのこと
-, , , , ,